Floodgate棋譜抽出プログラムFL2KIFをTipsに載せました

コンピュータ将棋対局場のFloodgateではコンピュータ同士の膨大な数の対戦棋譜が生まれています。それらの棋譜はインターネット経由で無料で手に入ります。しかし、現実にデータベースを作成していくと棋譜データベースの制約でせいぜい30万局までしか扱えません。

ただ、コンピュータ同士の対戦棋譜が多いと言ってもエラーや通信不調等で短手数で終わったものや手数が長すぎてあまり興味がわかないものも多数あります。また、なるべく棋力が高い高レーティングプログラム同士の対戦がみたいということもあります。

そこで棋譜を絞り込むために作成したのがこのFL2KIFです。対戦相手はplayer.txtに用意しておきます。同梱したファイル(2015/9 時点で2800点以上のプレイヤー名)がありますので、それを利用しても良いですし、自分でファイルを作成してもかまいません。player.txtにある対局者同士の棋譜を抽出することができます。一方だけが対局者の棋譜は抽出されません。

もともと個人用で作成したのでVer.0.9ということで完成版ではありません。とりあえず動くので公開しますが、利用する場合にはご自分の責任で利用をお願いします。

注意:プログラム名をFL2KIFとしましたが、CSAファイルをKIFファイルに変換するものではありません。Floodgateのcsaファイルの拡張子はそのままです。自動的にoutという下位フォルダを作成して、そこに抽出したファイルを保存します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)