FL2Tactics2を公開しました。

FL2Tactics では戦型ごとにFloodgateの棋譜を抽出しました。

しかし、それでは限界があります。すべての戦型を網羅するのは大変ですし、今までにない戦型の局面とか、より細かい設定で指定したい局面もあります。

そこで分析者がより詳細な条件を設定して棋譜を検索できるプログラムFL2Tactics2 を開発しました。

棋譜の記号になれていないと最初は戸惑うかもしれませんが、自由度はかなり高くなります。

10個の条件とそれぞれについて何手目以下に生じた手かなどを指定できます。指定する方法は▲2324歩のように先後、移動前、移動後、駒の種類となります。

先後は「▲」「△」でも半角「+」「-」でもOK
駒の移動は▲2726歩、▲2七2六歩、▲2726歩でもOk
駒を打つ場合は▲0025歩のように00から移動とします。
連続した駒の動きを1つの条件にすることもできます。例えば、条件1に▲2726歩△8384歩▲2625歩△8485歩と入力すれば、これで1つの条件になります。

条件の右に示されている数値は、その条件が何手目以下で生じたかを限定するための数値です。デフォルトは300なので300手以下で生じた条件という意味になりますので、実質、制限無しです。

かりに序盤で生じた場合に限定したいなら、数値を25とか20とか好きに変更することができます。

出力は自動的に作成されたフォルダ「out4」になります。ファイルは上書きされますので条件を変えた際にはフォルダ名を別に変更した方がよいでしょう。

ただし、Versionはまだ0.8です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)