月別アーカイブ: 2015年11月

鹿嶌先生から大会遠征補助

鹿嶌先生から大会遠征の補助ということでお金をいただきました。

将棋部は正式名称では将棋同好会準備会であり、大学からの補助金は一切でていません。従って、すべて部費でまかなわなくてはならないのですが、中四国学生将棋連盟の加盟費や場所によっては大会会場を借りるための費用負担もかかります。

今回の大会は徳島で遠方なので部費で補助をいくらかでもすると大変です。

来年の中四国学生将棋連盟加盟費が支払えず、借金運営に陥る不安があったのですが、鹿嶌先生のおかげで次回につながりました。

徳島の大会では期待に応えて存在感を示したいものです。

ミニ交流戦

広島修道大学将棋部部長の中野さんが来学し、二面指しで、指導してもらいました。

まだ中四国連盟に加入して間もないので、不慣れなことや知らないことも多かったので大会についていろいろ教えたもらったのも助かりました。

とはいえ、あと10日ほどすれば11月21日の徳島の中四国大会団体戦で修道大学とB2級で激突します。少しでも棋力アップにつとめたいところです。

 

Floodgateの棋譜から特定の対戦プログラム同士の棋譜抽出: FL2Player

Floodgateの棋譜から特定の対戦プログラム同士の棋譜のみ抽出するプログラム FL2Player を Tips に公開しました。

対戦プログラムは player.txt にある中から選べますが、自分で新たに指定することもできます。指定した対戦プログラムは「指定対戦者を保存」ボタンで player.txt に追加していくこともできます。

player.txt はプログラムと同じところにおいてください。同梱の player.txt は ファイル抽出プログラム FL2KIF に同梱したものと同じです。テキストファイルなので自由に追加、削除できます。

対戦プログラム名は大文字・小文字を区別します。

抽出されたファイルは自動的に作成された OUT5 というフォルダに保存されます。

将棋の特訓

将棋の大会が近くなり、実践だけでなくトレーニングもやることになりました。

前期では1手詰めの問題をやっていて80問を大体3分半くらいで終えていました。

後期が始まって最初のトレーニングは3手詰め50問でした。

やってみたら11分近くもかかってしまいました。

1手詰めはすぐに分かりますが、3手詰めとなると一気に難易度が高くなります。

大会では時間が設定されていて緊張の中、相手玉を詰ますには盤面を見て瞬時に詰めが思いつかないと終盤で負けてしまうことがあります。

大会まであと2週間程なので、3手詰めを見た瞬間、1問にあまり時間を掛けず解けるようになりたいです。

寒くなってきましたねー

最近寒くなってきました。特に朝方と夕方は凍えています。

実家は沖縄なんですが年間の最低気温でも16℃前後なのでさらに寒くなることが分かってかなりやばいです。

広島で初めての冬!はたして僕は無事春を迎えられるのか!

沖縄で着ていた薄手のパーカーしかないのではやく買いに行かなきゃ!・・・・・・本格的に外に出られなくなる前に!!