連盟の規模

現在、各地区の学生将棋連盟で昇降級があるのはどれくらいあるのだろうか。

北海道学生将棋連盟  5大学

東北学生将棋連盟 5大学

北信越地区学生将棋連盟 6大学

全九州学生将棋連盟  7大学

の以上4つは1リーグだけで昇降級はないようだ。

中部学生将棋連盟 A(6),B(5) 11大学、

関西学生将棋連盟 A(6),B(6),C(8)  20大学、

関東大学学生将棋連盟 A(8),B1(8),B2(8),C1(8),C2(9)  41大学

以上にはある。

さすがに関東は桁違い。とはいえ、過去にはさらにD1、D2白、D2紅まであった時代もあるので規模が縮小していることには間違いはない。

中四国学生将棋連盟 A(6),B1(5),B2(3) 14大学は一応、3番目に大きな組織なっている。

しかし、過去の記録でみると中四国も19大学と現在の関西地区に迫る時代もあった。また、全九州学生将棋連盟も過去には16大学という現在の中四を超える時代があったらしい。昇降級がない大会とはいったいどんな感じになるものだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)