対局時計 for Android

前に書いた、終盤になるほど持ち時間が増えていく対局時計。現実には存在していない。「ザ・名人戦」にも「萌えるチェスクロック」にもそんな設定はない。

対局時計を自作すればよいし、自作している人もいるようだが、「萌えるチェスクロック」生産の舞台裏を読むとボタンに耐久性を持たせることが大変らしい。確かに対局時計のボタンをやたらバンバン叩いて周りを驚かせるほどの人がいる。それに耐える製品を作るとなると必然的に高価なものになるのだろう。

そこで、モノを作らなくてもタブレットで対局時計が作れないだろうかというアイデアが湧く。当然、みんなそれは思いつくのでGoogle Playをみるとたくさんの対局時計アプリを見つけることができる。

しかし、どれも徐々に持ち時間が増える設定はできない。

となると自分でプログラミングするしかない。Androidのプログラミングははじめてだが、これも勉強と思って少しずつ進める。とりあえず、現在はNexus7に画面が表示される段階。いつか公開できるといいのだが。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)