ものの歩

マンガ「ものの歩」1巻~3巻をゼミ室に置いておきました。

感想としては非常におもしろい。Amazonの書評コメントでは将棋自体があまり描かれていないと低い評価をする人もいたようですが、そんな人たちはまさかマンガで将棋のトレーニングをしたり、マンガを読んですぐに強くなろうとか勘違いしているのでしょうか。そうならマンガを読んでる時間に、将棋本を読むべきでしょう。

もっと基本的な考え方という点で「ものの歩」には将棋部員なら共感を覚える内容が描かれています。

暇つぶしに将棋をいくら指していてもたいして強くなれないこと、強くなるためにはトレーニング、つまり勉強が必要なこと、勝つためには努力が必要なこと。当たり前のことであっても忘れがちなことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)