月別アーカイブ: 2016年5月

中四国大会 in 岡山: HIU総括

岡山で開催された中四国春大会も今日、個人戦決勝が済んで終了となりました。参加、お疲れ様でした。

次回の秋大会は山口での開催になりますが、その前に広国大の戦いの総括をしておきます。

広島国際大 高知大 下関市立 香川大 岡山大B
大将 平本 ×山下(64) ×小山 ×尾野(64) ×本池 0-4
副将 青森(64) ○今村 ○青木 ○近藤(64) ○鎌苅(32) 4-0
三将 岡田(64) ×片岡(64) ×梶保 ×中司(32) ×神原(32) 0-4
四将 下地 ×真保(16) ×桝屋 ×増山 ×今岡 0-4
五将 神原 ×高倉(16) ×岩田 ×藤本 ×正田 0-4
六将 後藤 ×安藤 ×三木(64) ×竹本 ×小笠原 0-4
七将 川本 ×金子 ○山下 ×呉羽 ×池原(32) 1-3
成績 1-6 2-5 1-6 1-6 5-23

氏名の後の括弧内の数字は個人戦でのベスト順位成績。数字が小さいほど勝ち進んだことを意味しています。

これで見ると高知大学はベスト16が2人、ベスト64が2人で強く、香川大学のかわりに昇級していても不思議はなかったことがわかります。

三将はかなり当たりがきつく、今回成績が悪くても仕方がなかったことがわかります。とはいえ、副将もそれなりの相手がいても格上に勝ちを挙げていますので、ここ一番の勝ち運を養成したいところです。

ただ、オーダーとして三将にそれなりに強い選手を置いてくる大学が多いようなのでこのあたりも検討の余地があります(対戦相手がここを見ていないという前提ですが)。まあ、心理戦になりますが、これも団体戦の醍醐味です。

次は大会の打ち上げ 兼 新入生歓迎コンパの予定です。


ちなみに秋大会では山口大が加わるので、今回の個人戦の成績をもとに展望を加えてみます。数字はベスト何位までに入ったかを意味し、数字が少ないほど上にいけたことを意味します。個人戦予選で負けた人はわからないので数字が0としています。

広島国際大 高知大 下関市立 山口大
1 64 16 64 16
2 64 16 0 32
3 0 64 0 32
4 0 64 0 64
5 0 0 0 64
6 0 0 0 0
7 0 0 0 0

これでみると層の厚さでは山口大は上ですが、オーダーを間違うと高知大に負ける可能性もあります。また次回大会は山口大で開催なので主催大学としての責務や仕事に追われ、大会のために十分な準備ができない可能性もあります。もっとも地元開催なので参加しやすく、強いメンバーを揃えられるメリットもあるかもしれません。どちらに転ぶかはわかりません。

下関市立は広国大より下のように見えますが、対戦で広国に勝つのは平均的なメンバーの強さ、つまり総合力で勝っているからです。言い換えると広国の課題は全体的な棋力の底上げということになるでしょう。

中四大会:個人戦ベスト16 in 岡山

中四国大会の個人戦ベスト16が出そろった模様。残念ながら広国は残れませんでした。

明日、5/5に個人戦の優勝が決まります。


高倉(高知大)、大平(広島大)、山崎(松山大)、三代(松山大)、藤井(岡山大)、

古井(鳥取大)、神高(愛媛大)、片山(岡山理科大)、山本健(高知工科大)、

瀬戸川(広島大)、野村(高知工科大)、長谷川(岡山県立大)、羽仁(岡山大)、

真保(高知大)、村上(山口大)、堀本(松山大)

 

高知大学将棋部のこと

さて、いきなりB2級に高知大学が出場しており、しかも強いので驚いた。

そこで高知大学の将棋部について連盟のHP記録から調べてみた。

最後に記録に登場するのは1996年第56回中四国学生将棋大会。今開催の大会が第95回であり、20年ぶりくらいの大会参加になる。

高知大学のHPには将棋部は男性7名となっているが、それだけでは維持が精一杯で大会に出てくるのは難しいので、再興したのだろう。

1984年度には1年間で準優勝、優勝を成し遂げており、トータルでは優勝2回と準優勝7回というなかなかの実績を持つ将棋部である。高知からは高知工科大学が参加しているが、高知大学も加わって高知勢が2校になった。遠くからの大会参加は大変だろうが、山口大学の秋大会で戦いたい。


追記:強いはず。個人戦でベスト64に高知大は4名入っており、うち2名はベスト16入りしている。

個人戦HIUの戦い

昨日は団体戦でしたが、本日5/4日みどりの日は個人戦と若葉杯、女流戦の日です。

広国大からは個人戦に青森、岡田と2名が参戦しています。若葉杯に誰が出場しているかはまだわかりません。

とりあえず、青森、岡田両選手とも予選を通過してベスト64を確定させた模様。がんばっています。

次は岡田(広国大)-古井(鳥取大)、青森(広国大)-石原(徳島大)の対戦になります(現在、対局中か終了したかぐらい)。

ベスト16に残ると明日の個人戦に残ることになります。

第95回中四国大会 in 岡山 A級結果

第95回中四国大会 in 岡山 A級結果

A級 岡山大学 愛媛大学 広島大学 徳島大学 岡山理科大学 高知工科大学 勝数 勝点 順位
岡山大学 28 5 1
愛媛大学 1 3 2 18 2 3
広島大学 2 3 18 3 2
徳島大学 2 0 2 13 2 5
岡山理科大学 0 3 3 16 2 4
高知工科大学 2 2 2 2 12 1 6(降)

 

第95回中四国大会 in 岡山 B1級結果

第95回中四国大会 in 岡山 B1級結果

昇級は島根大学、降級は山口大学でした。

B1級 島根大学 松山大学 山口大学 鳥取大学 広島修道大学 勝数 勝点 順位
島根大学 18 4 1(昇)
松山大学 3 20 3 2
山口大学 3 2 3 3 11 0 5(降)
鳥取大学 2 1 3 10 1 4
広島修道大学 2 1 11 2 3

 

第95回中四国大会 in 岡山 B2級結果

第95回中四国学生将棋大会が5/3-5/5日にかけて岡山大学で行われています。

今日は団体戦。広島国際大学はB2級で出場しています。前回と違い、メンバーを揃えての参戦です。

結果は以下の通り。昇級に関わるのは香川大学と下関市立大と思っていたら、なんと高知大学が参戦していました。

岡山大Bは昇級に関わらないので、昇級は香川大学。1年前にはA級にいた猛者なので不思議はないのかもしれませんが、高知大学に負けているのでもう少しで高知大学が昇級するという目も十分にありました。今回、久しぶりの参加なのかもしれませんが、高知大学が相当な戦力を持っているのは確かです。

広国大は最下位でしたが、前回はメンバー不足だったのが今回はメンバーを揃えて参加できたことで1歩前進でした。いずれ昇級に関われるようさらに前進していきたいところです。なお、秋の大会では降級してきた山口大学がB2級に加わります。

B2級 香川大学 下関市立大学 広島国際大学 高知大学 岡山大学B 勝数 勝点 順位
香川大学 3 18 3 2(昇)
下関市立大学 2 2 0 9 1 4
広島国際大学 1 2 1 1 5 0 5
高知大学 3 18 3 3
岡山大学B 3 20 3 1