棋譜取りの注意

棋譜をとっていて面白いことがあったので書いておくことにした。

棋譜はタブレットなどでとる方が正確で間違いない。加えて大ざっぱながら

指し手時間も記録してくれる。さらにはファイルとして保存できるので、

後から打ち込みでミスする可能性も減る。過去の学生大会の棋譜などでは

並ばない棋譜も多数あったことを思えば、新しいデバイスに移行していく

べきだろう。

しかし、注意点もある。今回はそんな話。

棋譜をタブレットでとっていたのだが、時間切れで先手負け。

ところが、あとから見ると保存されたファイルでは先手勝ちと逆になっている。

原因は先手の時計がすでに切れていたのだが、それに気がつかずに

指して、それから時計に気がつき終局。こちらは終局の理由として

時間切れ負けと入力したのだが、ソフトは先手が指した後で時間切れ負けなので

後手が指せずに切れて負けた、つまり先手勝ちと判断したということ。

気をつけないと思いがけない落とし穴があるものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)